「林業と山村のまちづくり~林業体験会
in白山市白峰2019~」実施レポート

こんにちは!白峰林泊推進協議会の田邊です!
好評により今年も開催した林業体験会。天候にも恵まれて予定通り行うことができました。
その内容を参加者の声とともにお伝えします(^O^) 林業体験会の詳細についてはこちら

9/22(日)

1日目がスタート!まずはガイドとともに白峰のまち歩きです。

白山しらみね自然学校のガイドより説明
(白山しらみね自然学校の名物ガイド山口さんによる軽妙なトーク)

家の造りなど、白峰では豪雪地帯ならではの文化が特徴的。皆さん見入っていました。

風土に育まれた民家の存在感。山間なのに街のよう。

白峰には“風土”としての文化がある。
東京には“カルチャー”としての文化は多くあっても、“風土”は少なくなっている。

次は白峰や林業について理解を深めていただくための座学です。
地域のことやまちづくりの取り組みをインプット!

林西寺の立派な欄間
(当協議会のプロジェクトも紹介)
林西寺にて
(みなさん真剣に聞き入っています)

そこに住む若者たちの、「ここを残したい」という古里活性の意欲が印象に残った。これからも応援したい。

そして!おまちかねのとち餅づくり体験!
できたてのとち餅は格別の美味しさです。

白峰のメインストリート
(あんこをとち餅にまぶします) 
江戸時代、大庄屋だった山岸家
(うまくできたかな?)

とちもちを初めて食べましたが、美味しくて面白い味でした!また食べに来ます。


さあ、いよいよ今回のメインである林業体験です。初日は、グラップルという機械で切り出した木を運ぶところを見学。株式会社白峰産業さんによるレクチャーで、切った木の直径を測る“検寸”も体験しました!ちゃんと測れたか厳しい抜き打ちチェックが!市場に出すときに取引先と信頼関係を築くため、正確に測ることが重要になってきます。

目の前で焼いて食べる炉端焼き
(検寸体験。皆さん真剣です) 
大きななめこや白峰名物堅豆腐
(グラップルを見学。繊細な技が…!)

木材市場で、採寸が違うような気がする…と思っていたけど、今回検寸方法を知って、謎がとけた。

1日目終了。お疲れ様でした。
白峰の温泉絹肌の湯で体を癒し、夜は地域の方とBBQをしました(*^^*)

大きななめこや白峰名物堅豆腐
(和気あいあいとした雰囲気でお喋りに花を咲かせました!)

郷土食が盛りだくさんでよかった。

元猟師さんや、まいたけを採ってきた人とのお話、おいしい肉が印象に残った。

 

9/23(月・祝)

さて、2日目です!今日は実際に山に入ります。
その前にまずちょこっと座学から。
白峰では、白山国立公園内でも林業が行われています。
ということで、国立公園と林業の関係について、白山自然保護官事務所の迫さんにお話していただきました!そしてその後に、株式会社白峰産業の尾田さんから、林業の仕事内容の説明がありました。

出発前に永井旅館で朝食
(白山自然保護官事務所の迫さん)
出発前に永井旅館で朝食
(株式会社白峰産業の尾田さん)

水源林ということで美味しい水をもたらしていると分かった。

50年後のニーズを考えて植栽するというのは難しいことだと思った。

座学も終了し、事前の知識はしっかり頭に入りました!いよいよ山に入っていきます。

ヨツバシオガマ
(準備ばっちり!)

まずは、決められた割合の切る木を選ぶ“選木”。「これが一番難しい」と尾田さん。山全体のバランスを考えなければなりません。

白山室堂からの夕焼け
(みんなでどの木を切ったらいいか考えました!)

次は施業する森林の位置や面積を把握する“測量”。コンパスという測量機器を使いながら、測定にずれが生じないよう慎重に慎重に。

白山頂上にて万歳!
(説明をしっかり聞いて…)
頂上の奥宮にてお参り
(真剣にコンパスをのぞき込みます)

さて、いよいよ“伐倒”と“造材”のデモンストレーション!
「木が倒れる瞬間ってなかなか見れない!」ということで、皆さん感動していました。チェーンソー使いがかっこよかった~(*^^*)

白山頂上にて万歳!
(当日は若者の作業員が来てくれました)

現場の苦労、様々な面のことを考え木を切らなければいけないことが知れた。

最後に、山から降りて、2日間の感想を共有するワークショップを行いました。みなさん感じたことを思い思いに発表していきます。

白山頂上にて万歳!
(どんな気づきがあったかな…?) 
頂上の奥宮にてお参り
(こんなにたくさん出ました~!)

さあ、皆さんの感想もたくさん聞けたところで、林業体験会は終了!
2日間、お疲れ様でした(^^)

参加者の声

Aさん:日本の山で起きていることが知れてよかった。山だけでは解決できないことが分かった。
Bさん:もっと私のまわりの、あまり山を知らない人たちにも、知って欲しいし、木や木工品を身近に感じてもらいたいと思いました。
Cさん:白峰の人のおおらかさ、トーク力、歌上手、謙虚さ、等が印象に残った。
Dさん:白峰の林業は、厳しい条件だが、たくましく、賢く、そして楽しく行っているように思えた。

主催者の声

 印象的だったのは参加者の皆さんの食い入り方!質問がどんどん飛び交い、参加者の方同士でも意見を交換し合っていて、すごく学びの多い会になったのではないかなと思います。
皆さんの笑顔もたくさん見れて良かったです。本当にありがとうございました!

写真提供:深谷はやと(一部)